HOMEブログ

セミナー撮影で久々に焦る!

2017.03.05

先週末、いつもご依頼頂いている企業様のセミナー撮影をしていきました。

セミナー撮影の際は事前に会場側に、音響設備・音声ライン(音声出力)の有無を弊所側で毎回確認を行うのですが、今回、事前に確認していたにも関わらず、当日会場で用意されていた音声出力用のケーブル(RCAピン)に現場をカメラに接続してチェックしたところ、音声が来ない!

いつもは事前確認していれば、コネクタの種類などは話と違っていても大抵問題ないのですが、今回は音が来ない!

最近そういったことがなかったので、久々に焦ってしまいました・・・

 

速攻、音響ワゴンを確認!

予備で準備していたこちらのケーブルをワゴンから直でさしたところ、きちんと音声が出ていたので、会場側で準備していただいたケーブルがNGだと予想。

さらに予備で準備していた50メートルのマイクケーブルを新たに引き回し、問題を解決!

この日はちょっと余裕を持って、遅めに会場入りしたので、一瞬焦ってしまいました。

IMG_0223.JPG

対応後の状況。

(バタバタしたので、ちょっとケーブル処理が甘い・・・反省)

IMG_0225.JPG

 

しかし、今回の会場の方には申し訳ないのですが、音声の出力以外にも、実は準備中に、よその会場のワイヤレスが飛び込んで(バッティング)来たり、有線マイクの接触が悪くてガリガリノイズが出たり、スライド用のプロジェクターの設定がちゃんと出来ていなくて、客入り時間になってもプロジェクターを交換していたりして、大きな会場の割に、設備の担当の方がちょっと頼りない感じでした。

 

こういったことがあるので、事前の確認と準備は大切です。

 

 

 

 

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介 Google AdWords認定資格 本音の映像制作 ブログ