HOMEブログ

MacBookPro Mid2012をSSDで爆速!

2017.05.17

ここ5年ほど使用してるMacBookProがいろいろと動作が重くなってきたので、SSDに交換。

ついでにメモリも16GBに増設しました。

IMG_0517.JPG

 

先日仕事用(PCの操作画面キャプチャー用)にデルのノートを購入。

普段は自分用で使おうと思ったのですが、間違って15インチを買ってしまったので、普段使いとしては大きすぎだし、だからといってキャプチャーのためだけに本体を眠らせるのはもったいないと思い、デルの15インチは事務用として使用することに。

最新のMacBookProでもいいのですが、やはり仕事の関係上、お客様から直接データをもらったりすることも多いので、USBやディスクドライブが付いていないのはとても不便。

スリープからの立ち上がりや、オフィス系の立ち上がりが遅いので、サイトなどで調べて思い切ってSSDに交換することにしました。

IMG_0458.JPG

今回使用したのは、SanDisk SSD PLUS 480GBとTranscend ノートPC用メモリ PC3L-12800 DDR3L 1600 8GB×2

IMG_0460.JPG

Time MachineでUSBや外付けHDDにバックアップを取った後、裏蓋を精密ドライバーで開けます。

 IMG_0459.JPG

SSDとメモリを準備。交換します。

IMG_0462.JPG

交換はあっという間。

IMG_0463.JPG

SSDは特にフォーマト等もなしでそのまま装着。

IMG_0464.JPG

装着完了。

IMG_0465.JPG

SSDのフォーマットやOSのダウンロードに関してはネットに接続してから行います。

電源を入れてから「option + command + R」を押しっぱなし。

これでネットに繋がろうとするので、普段お使いのネットワークを選んでパスワードを入れてネットに繋ぎます。

IMG_0467.JPG

OSが入ったらバックアップをつないで復元。

基本的には元どおり。

メーラーはThunderbirdを使っていますが、特に何もせずにもとのまま。

オフィスなど一部のアプリケーションは再度サインインしないといけないのと、共有関連、フォルダの表示設定など設定が変わってる箇所もあるので、そこだけ確認して終了。

動作に関しては明らかに早くなって快適に!

起動はもちろん、スリープからの立ち上がりも早く、各アプリケーションの起動も体感できるほど早くなっています。

新しいもを使うのが一番ですが、このMacに関してはドライブや各種端子が充実している分、なかなか乗り換えるにも勇気がいる一品なので、このような改良でもう3年使えるだけでもやる価値はあると思います。

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介 Google AdWords認定資格 本音の映像制作 ブログ