HOMEブログ

EDIUS9のライセンスがやっと認証できた!

2017.12.24

EDIUS9

先月末頃に購入したEDIUS9のアップグレードのライセンスが認証の失敗を繰り返して、販売元に今月はずーっと問い合わせてサポートをしてもらっていた。

なぜか、これまで使っていたEDIUS8のシリアルが9を入れる際に認証されない・・・

しかも、なぜか元々使用してた8のシリアルが8単体ですら認証されなくなった。

しょうがないので販売元に問い合わせたら(グラスバレーではなく、購入したフラッシュバックに)どうやらライセンスを管理しているライセンスマネージャーのバグのようで、アップデートまでの間、メーカー(グラスバレー)から仮シリアルが送られてきた。

そのシリアルを使用すると、8も9も問題なく使用できたが、8の仮シリアルは当然使用期限付き。

その後、9のアップデート(多分今回専用)が送られて、再度インストールし、ライセンス認証を本来のシリアルで試すが全然ダメ!

それから販売元とメーカーとの長い、長い、やりとりが始まった・・・

 

こちらとしては仮で送ってもらったシリアルは問題なく認証されることから問題は本来のシリアルに何かしら問題(メーカー側の管理情報がおかしくなってる)があると思って、ずっと説明してきたが、メーカー(グラスバレー)側は、やの手順通りやったか、このファイルはちゃんと削除したかだの、しまいにはOSをクリンインストールしろとか戯言ばかり・・・

間に入ってもらった販売元にはかわいそうなことをしました。

こちらとしては仮のシリアルが認証されることから、とにかく今使用している仮のシリアルを本シリアルに変更するか、再度別のシリアルを検証の意味も含めて発行してくれと言っても、メーカーが意地を同じような手順を繰り返し、同じ指示を出すばかり、最終的には販売元がこちらのPCにリモートアクセスして、すべての手順を再現する始末・・・

その結果、メーカー(グラスバレー)は結局問題が解決できず、シリアルを再発行w

販売元も本当に良い迷惑です。

 

こっちも素人じゃないんだから、素直に再発行すればお互い無駄な時間をかけずに済んだのにw

カノープス時代のDV-Stormから使用してきましたが、トムソン、グラスバレーと開発が幾つも変わってきたEDIUSですが、アドビといい、ゲーム会社といい最近のメーカーは後からップデートすればいいと思っていい加減な製品を売るところが本当に多すぎる! しかも、バグもずーっと放置してAdobeのAfter EffectsもBridgeとの連携バグを1年近く放置して、今回のバージョンアップでやっと修正。

しかも、修正の報告なしとかいい加減にしてほしい。

 

さらにサポートも最近はユーザーコミュニティーで「お互い教えあってね!」とか自分たちがサポートする気なし!ふざけすぎです!!!

ということで、問題は一応解決したが、正直、最近のEDIUSには魅力を感じるほどの機能拡張もないし、プレミアやファイナルカットも処理スピードが上がってきたので、EDIUSの売りであるネイティブ編集も特徴ではなくなってきた。

プラグインの多さや機能面で、そろそろ本気でEDIUS、ウィンドウズともおさらばする日もそう遠くないと思います・・・

 

 

 

 

 

 

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介 Google AdWords認定資格 本音の映像制作 ブログ