HOMEブログ

EDIUS 8 備忘録

2018.02.05

Pro Tools にEDIUSのAFFファイルを持って行く際、プロジェクトのエクスポートタイプをタイプ1にして出力するのが公式でも紹介されているが、それだとデータはたしかに軽いが動画の解像度も低い。(720×480SDになる)

それだとプレビュー画面をクライアントやナレーターに見せながらナレーション収録を行う際、解像度が低くて見づらいのでフルHDサイズでAFFファイルを書き出したい。

そんな時はタイプ1内の「H264 NTSC SD 16:9 MOV」を「QuickTime Grass Valley Codec HQ」に変更すると解像度の高いAFFが出力可能。

QuickTime Grass Valley Codec HQXだとPro Toolsにインポートした時なぜかサムネイルが表示されない。

 

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介 Google AdWords認定資格 本音の映像制作 ブログ