HOMEブログ

おいぬさま

2020.07.06

藤棚で有名な亀戸天神には、ひっそりと隠れた知る人ぞ知る名物(?)があります。

亀。
・・・ではありません。(亀も名物ですが、池に捨てるのはやめましょう)今回は違う生き物に関する話です。
本殿に向かって右側、駐車場と神社の境にある建物の裏手に、ひっそりと犬の祠があります。

塩にどっさりまみれた犬の像です。知る人ぞ知る「おいぬさま」。なぜ塩にまみれているのかというと、塩を塗り込みながら商売繁盛や病気治癒(体の治したい部分に塩をぬる)を祈願するものらしいです。塩を塗り込んで祈願するお地蔵さんは聞いたことがありますが、それのわんこバージョンですね。
関連:「東京都内の塩地蔵尊」

しかしこのおいぬさま、何かしらの説明が一切なく亀戸天神の公式HPにも掲載されていません。由来が判明していないので神社の方でも特に説明をしていないとのこと。(ネットで独自の調査を掲載している方がいます)

てんこ盛りに盛られてます。目立たない場所にあるにもかかわず、おいぬさまを訪れる人は多いのでしょう。おいぬさまの隣には、これまた謎の「亀井戸」の像があります。

だいぶ傷んでいるので亀の頭がなくなってしまってます(ちょっと不気味)
これも特に説明はありません。実際の井戸の跡地でもないそうです。なぜここに亀と井戸の跡が残されているのか、今となってはよくわからないらしいです。
なにかのご縁でここでひっそりと親しまれている犬と亀でした。

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
ブログ 本音の映像制作 Google AdWords認定資格 NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介