HOMEブログ

「○」「△」「□」

2021.10.25

話題のネットフリックスドラマ「イカゲーム」。
見始めたら止まらなくなってイッキ見してしまいました。面白かったです。
最終回の最後の最後までダレず緊張感があってひさしぶりに夢中でみてしまいました。
いわゆる「デスゲームもの」で特に設定や着想が斬新なドラマというわけではありません。主人公たちがゲームをする状況設定もゲームそのものも「カイジ」等そう変わりません(笑)がストーリー展開やアプローチに違った面白さがあります。
主人公のカイジはギャンブルになると天才的な才能を発揮して勝ち抜けますが、「イカゲーム」の主人公は、さしてそうギャンブルやゲームに才能があるわけではありません。ほどほどに人が良い(俳優さんが大泉洋に似てる)というくらいで、天才の閃きをとくに感じさせるキャラクターではありません。
また「カイジ」では主にゲーム内容とプレイヤー同士のギリギリの駆け引きが主に描かれますが、「イカゲーム」で取り上げられるゲームにはオリジナリティはなく「だるまさんがころんだ」「ビー玉あそび」「型抜き」といった、こどもの頃に遊んだような単純な遊びがほとんどです。
主に描かれるのは、プレイヤー達がどうしてゲームに参加するまでに追い詰められたか、ゲームを運営するのは何者で一体何のためなのか、ゲームの主催者の本当の思惑は、そして主人公が最後に取る選択は―――といった、ゲームそのものよりも人間ドラマ的な部分になります。

ところで「実は〇〇役は〇〇でした~!」なサプライズもあったりします。多分このキャスティングを公開してしまうとほとんどネタバレになってしまうだろうから敢えてそこを「売り」にしていないのかな?と思いました。ドラマ内で明かされたときは「聞いてないよ!」とちょっとびっくりしました(笑)。

細かいところでは「なんか雑だなー」なところもあったり、散りばめられた伏線が回収されたりされなかったり意味があるのかないのか気になる部分も大いにあるドラマですが、どうやらシーズン2を制作する予定がありありな予感を感じさせる終わり方でした。
正直、思っていたよりずっと重いドラマだったので「カイジとかバトロワなんでしょ~?」と気軽に見始めたらそれどころじゃなくなりました。
あと、韓国作品によくみられる結構生々しいグロ描写がしっかりとあるのでこういった方面が苦手な人はやめておいた方がいいかもです。

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
ブログ 本音の映像制作 Google AdWords認定資格 NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介