HOMEどうやって進めればいいの?

どうやって進めればいいの?

映像を作る時に、
まず何をすればいいの?

動画制作は、動画を作る上で重要な「構成」を作るところからスタートします。

その「構成を作るために必要な情報」=「動画を見る人に伝えたい内容」を書き出すところから始めてください。
あとはNTPがより分かりやすく、効果的な内容にまとめた構成案をご準備いたします。

  • 伝えたい内容
  • 見せたいポイント
  • 動画制作の参考にしたい動画
  • お客さまでご手配が可能なもの(商品、撮影場所、人、消耗品 等)

構成を作らない失敗例

構成案を作らずに制作をスタートしてしまうと、イメージ通りにならないだけでなく、納期の遅れや追加費用がかかってしまうケースにつながりかねません。
それくらい構成は非常に重要なものです。

失敗例1

撮影を先に行ってしまう

  • 撮影する際にどういうカットを撮ればいいのかわからないので撮影に時間がかかる。
  • 編集時に素材が足りなくて追加撮影が必要になってしまう。
  • せっかく撮った素材の使いどころが分からず、ただの準備損になってしまう。
失敗例2

構成を途中で変えてしまう

  • 編集を最初からやり直す可能性もあり、納期が遅れる。
  • 新たなシーン用に素材が足りなくて追加撮影が必要になってしまう。

Google AdWords 認定資格取得者所属。
だから、ユーザー目線での動画制作をご提案します。

Google AdWords 認定資格取得者所属。
だから、ユーザー目線での動画制作をご提案します。

Googleアドワーズのセミナーにも定期的に参加しているので、
クライアントとエンドユーザーの両方にメリットを感じられる動画をご提案します。

まずはまとまらなくてもいいので、
見せたい内容をまとめましょう。
あとの必要なことはNTPが整理して準備します!

目的や伝えたいことが決まったら、後は私たちがそれを形にしていきます。


初めての映像制作でも戸惑わない!
より詳しい制作の流れはこちらから。

映像制作の流れ映像制作の流れ

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介 Google AdWords認定資格 本音の映像制作 ブログ