HOMEブログ

SDカードのトラブルでヒヤヒヤ!?

2017.06.26

先日、セミナー撮影で品川プリンスホテルに行ってきました。

美容機器関連のセミナーで、1部は通常のセミナー講演、2部がハンズオンセミナー、同時通訳あり、スクリーンにライブ出しという盛り沢山の内容。

IMG_0707

 

IMG_0709

セッティング風景。

カメラ一式に、キャプチャ用外付けハードとPC、ライブ出し用の分配器など普段のセミナー撮影より、沢山の機材を準備。

この日のために、事前テストも入念に行いました。

IMG_0706

 

↑事前テストの様子

 

 

なぜそこまでテストが必要だったかというと、今回は「MP4データでの素材当日渡し」というのが指定だったからであります。

通常業務用ビデオカメラでは、MP4形式で記録するのは、限られたごく一部の機材だけで、MP4にするには変換作業が必要になります。

弊所のビデオカメラもMP4には対応していなかったので、普段なら撮影した素材を持ち帰って、後日変換した素材を納品するだけでいいのですが、今回はクライアントから、どうしても当日、しかも数時間後には欲しいということで、試行錯誤。

その結果、PCでビデオカメラの映像と音声をMP4形式でキャプチャーする方法が一番早いということで、このような機材とセッティングになりました。

ということで、今回はじめての仕様なので、入念にテストを行い、当日の撮影に臨んだのですが、そこでトラブルが発生!!

撮影やライブ出し等は当日問題なく出来ていましたが、肝心な収録データに異変が!

撮影中、記録データを確認したところ、フレームが飛び飛びになっているではありませんか!

撮影後に検証したところ、問題はクライアントの方で準備していた、持ち込みのSDカード!

当然、セミナー開始前に数分ほど回して、テストもしたのですが、本番中にどうも書き込みスピードが遅くなった様子。

事前のテストの際(3時間以上動作テストもした)は、通常使っている弊所所有のSDカードでは全く問題なく記録できてたのですが、持ち込みのSDカードではダメでした・・・

持ち込みは事前に聞いていたので、クラス10でこちらも指定して、当日もクラス10なのを確認したのですが・・・

メーカーは弊所はいつもトランセンド製を使っていますが、クライアントのは東芝製・・・そういえば以前、東芝製のSDカードを買って、異様に書き込み速度が遅かった記憶があります。

結構、東芝製って当たり外れが多い気がするのと、今回、64GBだったというのも原因だったかもしれません。

しかし、直前のテストでは問題なかったので、安心していたにもかかわらず、最終的にこんな結果になったことが非常に残念です。

 

結局、納品用データをどうしたかというと、カメラ側で直接バックアップを撮っていたので、急いで通常通り、取り込み後に変換をおこなって、少しお時間をいただきましたが、無事データをお渡し出来ました。

 

今後は、東芝製のメモリと64GBのSDカードは、ちょっと気を付けるようにしようと思います。

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
ブログ 本音の映像制作 Google AdWords認定資格 NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介