HOME本音の映像制作映画「カメラを止めるな」から学ぶ、動画の費用対効果
目的別で映像制作を最適化!「本音の映像制作」

映像制作の準備・考え方・比較など、作る前に知っておくと便利なTIPS集。

映画「カメラを止めるな」から学ぶ、動画の費用対効果

2019年も、もうすぐ3月。
新年度の事業方針、営業方針はお決まりですか?

昨年2018年、もっとも話題になった邦画といえば「カメラを止めるな」ですよね。
今はDVDや動画配信もありますので、ご覧になった方もいるかと思います。

この映画は、公開当初から映画レビューなどで評判が高く、実はずーっと気になってた作品でした。

しかし中々見に行けず機会を逃していました。
何せこの映画は上映する映画館が少なかった!!

その後ジワジワと大きな話題となると共に上映館や時間帯が拡大され、公開終了間際になってやっと見ることができました。

この作品すごさは、作品としての面白さはもちろん、制作費がなんと300万円という低予算で作られたというのも話題の1つでした。さらに興行収入はおよそ30億円と言われており、邦画の中で近年もっとも成功を収めた作品でもあります。

そんな大成功を収めた映画「カメラを止めるな」ですが、この作品がもたらした功績は興行的な成功だけではなく、「予算や時間、人がないからいいものが作れない」とか、「お金をかけていいものを作らないから売れない」などと常日頃言っている日本人の常識や価値観を覆いしたことだと自分は思います。

海外では「スターウォーズ」「アヴェンジャーズ」「ボヘミアン・ラプソディー」など、大規模な予算をかけた大作ばかりがヒットを飛ばしている感じがしますが、海外ではホラー映画などを中心に、昔から低予算で作られ、大ヒットした作品は沢山あります。

日本だってお金をかけなくてもアイデア次第でいい物は作れる!

今回はそんな平成最後の大ヒット邦画「カメラを止めるな」を例にしながら、近年の動画制作に対する意識の変化と傾向を見ていきたいと思います。

  • 1.低予算映画「カメラを止めるな」から
      動画制作を取り巻く今の状況を分析する ←今回はここ
  • 2.「安かろう、悪かろう」は昔の話
      どこの制作会社が作ってもあまり変わらないの・・?
  • 3.大枚をはたいて安心を買うのは大きな間違い
      「高いもの=いいもの」その根拠は?
  • 4.カッコつけたら逆に嫌われる今の時代
      見栄えより「共感」「リアル」が受け入れられる理由
  • 5.無駄な競争を避けて、高い費用対効果を!
      同じ土俵で相撲をしてはいけない相手とは?
  • 6.2019年これから重要になるのは「独自性」。
      コンテンツを大量に作るのが勝利のカギ!

低予算映画「カメラを止めるな」から、動画制作を取り巻く今の状況を分析する

映画「カメラを止めるな」を見た方ならお分かりになると思いますが、この作品の最大の特徴は、構成の面白さやストーリーの良さはもちろん、なんといってもすごいのが、制作費がおよそ300万円ということ。

しかも監督、役者、スタッフのすべてが無名にもかかわらず、最終的に興行収入およそ30億円という邦画史上近年まれにみる空前の大ヒット作になったという点ではないでしょうか?

海外などでは新人監督、無名のキャストを起用した低予算ホラーで大ヒットなどをよく耳にしますが、日本の映画ではとても珍しいケースです。

数年前テレビ業界では、不況によるスポンサー離れや各種動画配信サービスの充実により、テレビ離れや視聴率の低迷などと言われ、その言い訳として「予算と時間をかけれないからいい作品が日本では作れない」などと、皆口をそろえて言っていた時期もありましたが、まさにその常識を覆したのがこの「カメラを止めるな」ということになります。

つまり、“面白い作品、ヒットする作品を生み出すのにお金も時間も関係ない” というのを証明した作品でもあるのです。

さらには、ヒット作を作るのに “知名度のあるキャストやスタッフは必要ない” ということも証明してしまった、ある意味、現在の日本の広告業界や映像制作業界がよく使う言い訳を覆してしまったすごい作品といえます。

そしてこの映画を見た人ほとんどが「結局は作品の良し悪しは、作り手側のアイデアと情熱次第」だとあらためて実感した方も多いのではないしょうか。

では、このような低予算大ヒット作品が生まれた2018年、今の企業向けの動画制作はどのような傾向にあるのか、弊所がここ数年関わってきた案件やお問い合わせ内容からお伝えしたいと思います。

次回、「安かろう、悪かろう」は昔の話。どこの制作会社が作ってもあまり変わらないの・・?
※1週間後の更新予定です。

映像制作屋に聞いてみたいけど聞きづらい…!本音の質問にお答えします!
最新動画事例や、「実用的に使える動画」作りのポイントも盛りだくさん!

無料資料請求無料資料請求
映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
ブログ 本音の映像制作 Google AdWords認定資格 NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介