HOMEブログ

カラス対策

2020.07.20

今年の4~5月ごろから町内のカラスが増え始め、生ゴミが荒らさられる被害が目に見えてひどくなりました。
緊急事態宣言中、歌舞伎町など都心部の飲食店が営業できず、その結果生ゴミが出されなくなったため、餌を求めたカラス達が住宅地に移動してきた、というのがその理由らしいです。
もちろん、前からカラスはいましたが、以前はさほど気にするほどではありませんでした。
それが昼間だけでなく夜もカラスの鳴き声がうるさかったり、家の真上でカラス同士が縄張り争いをして騒がしかったり、可燃ゴミの集荷日にはゴミステーションがめちゃくちゃに荒らされて歩道が汚されたりとカラスの暴虐ぶりには頭を抱えました。

また、朝ジョギングをしていた知人がカラスに襲われ頭を2針縫うけがを負うという事件もありました。特に6月~7月にかけてカラスが巣作りをし、ヒナを育てをする季節なので、気が大分荒くなっているんだとか。知人の何がカラスの気に障ったのかはわかりませんが、ジョギング中にたまたま巣のある木のそばを通り過ぎただけで襲撃を受てしまったようです・・・ってカラスの巣があるとか、そんなん知らんがな!!って感じですね。

とりあえず町内ではゴミ出しの日には、ゴミ袋に黄色いネットをかぶせる対策でしのぐ形になりました。今のところ、ネットをかけているところは荒らされた形跡は見られません。が、賢いカラスだと、ネットを持ち上げてゴミ袋をひっぱりだしてしまうそうです。

加えて我が家では、制空権争いのカラスがうるさかったためレーザーポインタでカラスを照射して追い払う方法を採りました(カラスを傷つけるものではありません)。
カラスは強い光を嫌がる性質なのでこの方法が有効(特に緑色の光線が良い)なんだそうです。実際に試してみたところ、確かにすぐにカラスはすぐにその場から逃げ出しました。ただ、ポインターをカラスの体にうまく当てるのが結構大変で、また一羽一羽狙うのも面倒で、結局決め手には欠けるなあと思います。いっそドローンでも飛ばして威嚇してみようどと言って頃合いに、こんなツイートをみかけました。

鷹???

鷹匠??ほんとに??今時そんなこと可能なの?と調べてみたところ、カラスやハト・ムクドリなど鳥害対策にかなり有効で、駆除方法としては昔からの定番なんだそうです。
こちらの会社のHPに詳しくありました。

株式会社鷹匠
https://takajou.jp/

株式会社なんですね!これまた意外です。

そんなこんなしていたところ、7月に入ったら急激にカラス騒ぎは落ち着いてしまいました。
飲食店が再開してえさ場が戻ったことと、カラスの子育てが一段落した模様です。
来年また同じことが起こるかもしれませんが、とりあえず今はホッとしています。

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
ブログ 本音の映像制作 Google AdWords認定資格 NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介