HOMEブログ

一平を嫌いになっても成田凌君を嫌いにならないでください

2021.04.22

朝ドラ「おちょやん」、今週の第20週「なんでうちやあらへんの」。
朝ドラ史上最悪のクズ父・テルヲを生み出したこのドラマですが、今週サイアクのクズ旦那をも生み出してしまいました(笑)。いや、ぜんぜん笑えない。
テルヲは留置場で死亡、弟のヨシヲも満州で死亡と判明し、つくづく家族にめぐまれなかったヒロインのお千代。ようやく戦争も終わって劇団も再開し、座長である夫の一平とともにがんばるぞ~と上向きな感じだったのが、今週、とんでもない事態に。
一平が新しく劇団に入ってきた若い女優と不倫していたことが判明、一平と千代は離縁という。
ひどくない?千代が気の毒すぎる!!つくづく家族にめぐまれない千代・・・そんな簡単に幸せになったらドラマが続かないでしょ。ですが、こう、千代は親父がアレだったから余計に不憫でなりません。
しかもこの成田凌扮する一平が、この非常事態にあって見事にダメな男なんですね(笑)史実に沿っている手前、予見できた展開ではあったのですが、しかしいざこう容赦ない演出をされると「うわああああ!朝なのにいい!」と呆然です。直後の「あさイチ」では冒頭、MCである華丸さんが「彼(一平)、この後あさイチがあるって知らないのかなあ!」と叫んでいたので爆笑しました。ほんとだよ!
それにしても、特に先週から見せる成田凌の演技は特にすばらしく、一平のクズさがむしろもったいないとすら感じてしまいます。成田凌のかもしだすある種の「暗さ」がこの一平というキャラにうまくハマったのかもしれません。

ちょっと気の毒ですね。悪いのは一平であって成田凌君の演技力はみんなわかってるから(笑)!
しかし、朝ドラは昔からどうしてもヒロインが苦労する一生のドラマでもあるので、この「おちょやん」に限らず関わる男性キャラは、どうしてもクズなキャラクターになりがちなのは致し方がたないことではあります。イメージにも影響するリスクもあるなか、演じる俳優さんたちのプロ根性に脱帽です。

ところで、友達によれば成田凌は映画「スマホを落としただけなのに」での役が絶妙にハマってて最高に気持ち悪いんだとか。
「一回見た方がいい」とおすすめされましたが、あんまり見たくないなー(笑)。

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
ブログ 本音の映像制作 Google AdWords認定資格 NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介