HOMEブログ

街並みが変わっていく~

2021.09.16

先日、用事があって久しぶりに小川町~神保町界隈まででかけました。
今年の夏はコロナの感染者急増もあって、電車に乗って移動するのも極力控えていたので神保町まで来たのはかなり久しぶりです。この界隈は美味しいカレー屋さんをはじめ有名な飲食店も多く、コロナ以前にはご飯を食べに来たりアウトドア用品を見に行ったり書店に寄ったり、なんだかんだ週1くらいの頻度で来ていたんですが、久しぶりに靖国通りを歩いていると閉店したお店をちらほらみかけてなんだか寂しい気分にもなります。
すると「あの」お店が、なんかすごいことになってました。

あれ!?このお店、たしか額縁屋さんだった優美堂さんではないですか?どうやら現在、レトロな雰囲気のカフェになっている様子です。
優美堂さん、ここ最近の記憶ではず~っとシャッターが降りたままで営業している様子が全くなかったのですが、昔は所狭しと額縁が積み上げられた店内が、外からうかがえたんですよね。横に映っているマダムも偶然通りがかって知ったのか、驚いた様子でお店をご覧になってました。
ネットで情報を探ってみると、今年の春ごろから工事が始まり7月からオープンしていたそうです。へ~全然知らなかった!つくづく外に出ていなかったんだなあ。

昭和な雰囲気を活かした、元額縁屋さんにちなんだ店内なんですね。

メニューはかき氷とドリンクにカレー。やはり神田神保町と言ったらカレーなんでしょうかね!時間がなかったのでお店は外からみるだけに留めましたが、かき氷食べてみたかったです。次の機会にでも。
神保町はいまも昭和の雰囲気を残している街なので、こうした昔の建物をすぐに壊さずリノベーションして活用するのはよい試みですね。

一方で、建て替えがきまったのは三省堂書店の本店ビル。神保町のシンボルでもありましたが、隣のアネックスビルを含め老朽化のため来年4月に取り壊されるとか。

長年親しんだ建物でもあるので寂しいですが、確かにもうだいぶ古くなってしまったぶぶんもありますね。
そういえば新宿駅西側も、今ある小田急デパートをなくして大きなビルに建てかえるとか・・・。ハルクは残すようですが、新宿駅の外観も相当変わりそうです。
今後どんなふうに街並みが変化していくのか楽しみです。

映像・動画に関するお問い合わせ
NTPについて
ブログ 本音の映像制作 Google AdWords認定資格 NTPの制作方針 会社概要 スタッフ紹介